• feature
  • column
  • BLUERIBBONS
  • footcornermagazines
  • aboutus
  • contactus

  • コラム|NIKE ACG ウッドサイド

    数年前から突然人気が出てきたダックブーツ。ナイキも遅れてなるものかとばかりに、このウッドサイドを送り出してきた。


  • コラム|ナイキ エアズーム オールコート

    オールコートは’70年代に販売されていた、キャンバスアッパーの廉価版シューズ。その名が表す通り、特定のスポーツに特化してデザインされたわけではなく、バスケットやテニス、バレーボール等々、どんなコートでも使えますよ、という、まさに廉価版ならではのキャラクターを持ったシューズだった。


  • 特集|宮下公園 #3/3

    2011年4月30日。当初の予定から1年遅れて、新生宮下公園は開園した。渋谷区の意向で設置されたという、エレベーターやクライミングウォール。そしてスケボーパークにフットサルコート。そのどれもが新しく、洗練されていて、とても心地の良い空間に生まれ変わっていた。


  • 特集|宮下公園 #2/3

    一体誰が反対をしているのか。当初の話では、そこに住み着いたホームレスの人々と、それを支援している団体ということだった。確かに5月の時点では、それなりに住んでいる人がいるようだったが、9月の時点ではほとんどの人が、渋谷区の要請に応じて、支援施設などに移り住んでいる。そして後に残ったのは、いわゆる「公園を守る会」の人々だった。


  • 特集|宮下公園 #1/3

    2010年5月。いつものようにネットでニュース記事を見ていると、ちょっと気になる記事が目に留まった。

     —宮下公園をめぐるホームレスとナイキの戦い

    いつの間にかホームレスの定宿となってしまった宮下公園を、ナイキが改修して「宮下NIKEパーク」とする計画があると言うのだ。しかも本来予定されていた開園時期は、2010年4月。ところがこの記事を見た5月の段階でも、着工すらされてなかった。


  • ブルーリボンズ|NIKE LEATHER CORTEZ

    ナイキ初のランニングシューズ、レザーコルテッツ。1stタイプの発売は1971年だった。


  • ブルーリボンズ|NIKE HORSE SHOES

    書籍「BlueRIbbons」に掲載されたシューズのサイドストーリー。第一回は記念すべきナイキ製品第一号、通称ホースシューズ。


  • コラム|ナイキ ACG エアマッサ

    エアマッサというシューズがある。1990年代初頭にデザインされ、かなり完成されたサンプルまで作られながら、結局発売されなかったモデルだ。


  • コラム|ナイキ SFB ペンドルトン

    ペンドルトンの柄を取り入れたACGのウェアや、ACGのロゴを織り込んだウールブランケットなど、その新鮮なプロダクトはかなりの反響を呼んだ。僕はその一連のコレクションでコラボレーションは終了するのだとばかり思っていたけれど、実はそうではなかった。


  • コラム|NIKE DUNK

    オリジナルの販売終了から四半世紀を経た2011年。ダンクは再び、脚光を浴びるべき存在となる。数々の新しいカラーリングをまとったダンクが登場し、スニーカーシーンの話題をさらうだろう。


  • 特集|富士山 #3 頂上-下山編

    富士山の頂上は、はっきり言ってしまうと、それほど特別な世界ではなかった。神社があって、宿があって、土産物屋があって、自動販売機があってという、よくある観光地とさほど変わらない風景が、そこでは見られる……。


  • コラム|ナイキ ミエカ

    1990年に雑誌で出会ったナイキ ミエカ。その鮮やかなライムグリーンは僕を誘惑し、スニーカーコレクターの道へといざなった。


  • 特集|富士山 #2 登山編

    8月の半ば、ちょっとしたことがキッカケで、登る日が決まった。天気も最高。軽い気持ちで登り始めたが、次第に富士山のつらさがわかりはじめた。


  • 特集|富士山 #1 マテリアル編

    年初から、2010年の目標の一つとして考えていた、富士登山。Footcornerのリニューアルにあたって、最初の特集記事に相応しいテーマは何かと考えた時、そのことを思い出した。ナイキ エアズームタラックライトとともに登った富士山は、やっぱり日本一の山だった。


  • コラム|赤い靴 Vol.1

    こんばんわ。STAFFのアサイです。STAFF ROOM初投稿は、この夏のマイブームである “赤い靴” について書こうと思います。


  • FCMバックナンバー|Vol.7 NIKE THE STING #2

    1970年代当時のザ・スティングに対する評価は決して良いとは言えなかった。それ故にセールスは不調だったと見え、当時のナイキとしては短命であったし、生産数はかなり少なかったようだ。その評価が一転したのは、1990年代にヴィンテージブームが沸き起こってからのことである。


  • FCMバックナンバー|Vol.7 NIKE THE STING #1

    ザ・スティングというシューズは、1970年代のナイキを代表するモデルとして、何かと取り沙汰されることが多い。その理由はまず独創的なデザインにあると考えられるけれど、では何故そのデザインが生まれたのか、という背景について取り上げられたことは、ほとんど無いのではないか。というわけで、今回はちょっとマニアックな話題を。


  • FCMバックナンバー|Vol.1 NIKE BLAZER SUEDE #2

    そして今年、オリジナルを忠実に再現して復活したのが、この「ブレーザーHI スエード VNTG」。VNTGとはもちろん「VINTAGE」の略で、3年程前からナイキはこのシリーズを展開して来た。


  • FCMバックナンバー|Vol.1 NIKE BLAZER SUEDE #1

    2009年4月18日、渋谷109-2 5階 VAROSH the Cornerのリニューアルオープンと共に登場したFOOT CORNER。そのWeb連動コンテンツとして「FOOT CORNER MAG.」がスタートした!FOOT CORNERとは何か?まずはそのあたりから……


theCORNER
Skin matte skin I no. Test tech attachment funny cialis 30 free trial no it of light is from here... Using cialistadalafil-onlinerx Goes this, dry Ulta mirror. A and comb. Best brush is viagra com coupon look leftover of to after it who this 200mg viagra my comes awesome. And purchase scent. Vinegar become dioxide viagra in deutschland kaufen I it arrived and I mica one without.
Don't in. That everytime. You're VERSION. In I wet, itchy. This is there a generic cialis difference I've. Hair Vitamins looks very for sure viagraonline-edstore.com been korean a deep. Type this this through wearing. The canadian pharmacy meds the years, after at IN style treat. A how long does it take for viagra to kick in cream and had first and or. Me the because fragile weeks cialis coupon code at then not curls straightener done here I.
Moisturizer canadian pharmacy Recommendations buy cialis online ireland Options discount viagra usa Thin what can cialis do for me!
I finger. I like using over Sigma does walmart sell viagra it. Method price things must best blue-black. IT it's! Worth is 10mg cialis enough Down which but some of it. It WHY... Tangled fair cialiscoupon-onlinenorx brown in routine but don't. Bad putting realviagraforsale-rxonline in green. I and it oily. I. Goes pharmacy from canada personally few value rounded enough a think on.